permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

広島駅南口Bブロック再開発 2014.01 (Vol.12) 住宅部は『シティタワー広島』に

2014年01月23日 23:49

広島駅南口Bブロックの建設状況です。
前回。
広島駅南口Bブロック再開発 2013.12 (Vol.11) エールエール屋上などから。

Bブロックは中四国で最も高いビルとなる分譲住宅や商業施設などを含む、広島駅前の大規模再開発事業の一つです。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業


今年初めてのレポになります。
まずは広島駅ビルASSEの6階から区域北面を。

201401bblock-1.jpg

順調に建設工事は進んでいます。


地下広場へ潜りました。

201401bblock-3.jpg

ずっと奥まで進んで突き当りの大きなモニターがあるスペースですね。
このブログではまだ取り上げていませんでしたが、
西棟の住戸を分譲する住友不動産のホームページとそのブログにて当マンションの正式名称が明かされました。
やはり住友不動産のブランド名を冠し
シティタワー広島 (CITY TOWER HIROSHIMA)
という名称になるようです。
【住友不動産】:シティタワー広島|JR山陽本線「広島」駅徒歩3分、広島県広島市のマンション

そしてその入居者専用の出入口がこの地下広場に直結してできるとのこと。

201401bblock-8.jpg

正面突き当りの壁の少し右側にできるようです。
広島駅直結ですね。



ところで、先日RCCラジオの「勝手にトークひろしま!」という番組で(以前も紹介しました)
広島のバスをテーマにトークが行われました。
課題として挙げられていたものの一つに、市内のバス路線のわかりづらさがありました。
私も知らなかったのですが、総合バス案内所は地上ではなくこの地下広場にあるのですね。

201401bblock-2.jpg

こちら。この案内所自体は知っていましたが、こちらがバス案内の機能も兼ねているとのこと。
確かにバスのことを聞くのに一回地下に降りて再び地上に戻る、という煩わしいことをする人なんてほとんどいないですよね。
路面電車の駅前大橋線移設も含む南口広場の再整備が近く行われますが、この改善も必要でしょう。

ちなみにその放送はUSTREAMで今も聞く(見る)事ができます。
興味のある方はどうぞ。
【USTREAM】:#36[2014.1.17]「あなたの知らないバスの世界」


Bブロックレポに戻ります。
エールエールA館屋上に上がりました。

201401bblock-4.jpg


西棟あたりは掘り下げられ、壁面の崩壊を防ぐ切梁が設置されています。

201401bblock-7.jpg


東棟部分。

201401bblock-5.jpg


201401bblock-6.jpg

以前は杭基礎がむき出しの状態でしたが、コンクリートの面が増えてきました。

ボリュームが少ないですが今回は以上です。


【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業



さて、昨日更新したCブロックの状況ですが、
23日の中国新聞や夕方の地方ニュースによると、昨日真夜から未明にかけて大州通り沿いの大きな愛友市場の看板の撤去が行われたそうです。

【RCCニュース】:愛友市場の看板撤去

昨日更新した画像は(このBブロックの画像もそうですが)、先週の土曜日に撮影したものです。

201401cblock-8.jpg

まだ看板がある最後の姿となりました。
一抹の寂しさも感じますが、駅周辺は自由通路を始め人がさらに集まってくる希望もあります。
今後も見守っていきたいです。

【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業
スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 広島駅南口Bブロック再開発 2014.01 (Vol.12) 住宅部は『シティタワー広島』に(2014/01/23)


コメント

  1. タミー | URL | -

    Re:広島駅南口Bブロック再開発 2014.01 (Vol.12) 住宅部は『シティタワー広島』に

    レポートお疲れ様です。

    ちょっと気になったニュースで、先日、インドの設計会社が、中区広瀬北町に、マツダの自動車部品関係への目的で日本事務所開設とありました。

    広瀬北町は、山陽本線横川駅から、路面電車で2つ目の別院前電停となる位置で、向かいは寺町だから、インドの方には親しみやすい場所なのでしょうか?

    広島駅周辺の方が何かと好都合だと思ってしまいますが、広瀬北町と聞いて色々考えさせられました。

    マツダの14年3月営業利益が過去最高の1800億円超えが確実との報道を聞くと、駅周辺の整備を待つより、今すぐ行動開始として、広瀬北町となったのか興味は尽きないところです。
    すべての事柄は経済から始まるとは、言い過ぎかも知れませんが、急速な経済環境の変化が思わぬところから、新たな展開が起こりそうな予感がする報道でした。
    もうひとつは、大阪梅田の三越伊勢丹の100億円債務超過、売り場5・6割減との報道です。
    色々理由が報道されていましたが、阪急との消耗戦で、疲弊させられたということが最大の原因ではないでしょうか?阪急が神戸三宮と京都河原町を閉めて大阪梅田に集中した弊害が、これから重くのしかかって来るように思えます。
    神戸、京都がそれぞれ大阪へのストロー化に対抗して都心強化をせざるを得なくなっており、モーターリゼーション真っ盛りの現状の中、マスコミを巻き込んで都心に拘った無益な消耗戦をせざるを得なくなってしまった真の原因が見えているように思えます。長いデフレにより、都市の消費機能強化ばかりに目が行き過ぎてしまった弊害とも言えると思います。生産があって消費が成り立つわけで、生産は他の都市でさせて、うちで消費をなんて虫が良い話で、産業都市が生産量が減り消費を自らの都市内でとブログ化が始まっている気がします。
    私の個人的な好みとしては、都心が充実することですが、現状の広島では山陽本線と高速2号線3号線沿線に市街地を取り囲むように郊外で経済基盤が確立されつつあり、更に郊外へと広がりつつあると思います。
    広島は幸いにして、周辺都市との露骨な消耗戦も殆どなく、思い切って郊外に力を注ぎ込むことが出来る環境にあり、それを実践すべきだと思います。それと平行して魅力的な都心の街づくりも出来れば最高です。

    現在広島駅周辺などの再開事業が進んでいる中、色々考えさせられるニュースでした。

    レポート頑張ってください。楽しみにしています。

  2. タミー | URL | -

    訂正

    訂正とお詫び

    ブログ化→ブロック化

    大変失礼しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/941-a6e658a2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。