permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

2014年01月13日 20:59

先週はほとんど更新ができずご無沙汰してしまいました。

今回はタイトルの通り広島電鉄がもっと便利に高度に利用されるためにできることを考えてみようと思います。
細かい点は様々ありますが、以前から何度か触れております胡町と八丁堀電停の統合をが中心です。
コメント欄にて皆様がこの事について書かれておりましたので、改めて私の考えをまとめます。


まずは現状の電停を見てみましょう。

201311hiroden3-1.jpg

八丁堀交差点。中央に見えるのが八丁堀の広島駅方面です。


相生通りを東に進みまして、薬研堀通りがある交差点手前の歩道橋から。

201311hiroden3-3.jpg

2つ目の信号が先ほどの八丁堀交差点で、手前から順に「胡町(西広島方面)」、「胡町(広島駅方面)」、「八丁堀(西広島方面)」、「八丁堀(広島駅方面)」と電停が続いています。


地図に色を塗ってみました。

hacchobori-syuhen.jpg

八丁堀[上り]と、胡町[下り]が、同じブロックの中で向き合っているのは、広島人にとってはおなじみではないでしょうか。

このように胡町と八丁堀の距離は非常に短く、電車は100mほど進んですぐ次の電停がやってくるため
紙屋町や本通、大手町に行くのにより時間を食ってしまっているのが現状です。


これらをより大きな一つの電停に統合して停車の回数を減らし、速達化を目指そうというのが提案の軸です。

具体的にはヤマダ電機や三越があるブロックを両方向とも目一杯使って、八丁堀交差点西側と流川通北口交差点東側は廃止します。
ただ、八丁堀は本線だけでなく白島線の電停が交差点北側に存在します。
昨年の新車導入と同時に設定された白島発本線直通の江波行きがありますし、白島線側の電停は上り線下り線両方が使用できるように改良する必要もありそうです。

tougou_teian-1.jpg

ヤマダ電機と三越のブロックの幅を目一杯とると、電停はおよそ80m確保することができます
これは紙屋町東電停とほぼ同じ長さです。

201204hiroden.jpg

5000形、5100形などの5連接超低床車両の全長は約30mですので余裕で2編成収まります。
2つの電停を一つにするための収容量は十分にあると思います。

上の絵が私の中でのベストですが、白島線の運用面や周辺の商業施設も考慮すれば以下の様な配置もありでしょうか。

tougou_teian-2.jpg


tougou_teian-3.jpg



収容面ではあまり不安はないと見ますが、ただ単に配置を変えて統合しただけでは上手く行きません。
コメント欄でもご指摘されておりましたが、電停手前の信号で引っかかって停車することが多ければ
"結局停車するならそこに電停があったほうが効率がいい。時間も変わらない"
という事態になりかねません。

それを解消するための新たな優先信号の導入は必要だと思います。
これは電停を統廃合するしないにかかわらずですね。

紙屋町交差点など一部を除いて単純に青信号の時間を伸ばすだけなら今でも行われていると思いますが、
矢印信号機を大幅に増設し、電車通過時ごとに右左折を個別に許可する交差点を増やす事が
財政が厳しい今できる最も効率的な速達化の手法ではないでしょうか。

たとえ信号が青でも、同じ進行方向の車が右折するため軌道に接近し
電車はそのたびに極限までスピードを落として通過するということが毎日どの交差点でも起きています。
決して無視できないロスです。右折車の制限は効果があると思います。

駅前大橋南詰交差点の南北方向の信号は日中は青になりません。
全て赤信号と矢印信号のみで交通を捌いています。

201309parkhouse-1.jpg
駅前大橋南詰交差点(駅前大橋から稲荷町方向)

もちろん、自家用車やバスに与える影響も無視するわけにはいきません。
以前タクシーに乗った時、運転手の方が矢印のみの信号に変わって駅前大橋付近は渋滞が増えたとおっしゃっていました。
メリットもデメリットも参考にした上で積極的に取り入れていただきたいなというのが個人的に思うところです。


広島電鉄は今年3月までに新たに3編成、3連接の市内線専用超低床車両を導入します。
2014年度中にもさらに3編成の同型車が増備される予定です。
少なくとも来年度末の時点で
3連接の1000形(ピッコロ・ピッコラ・グリーンムーバーLEX)が8編成
5連接の5000形(グリーンムーバー)が12編成
5連接の5100形(グリーンムーバーmax)が10編成
合わせて30編成もの超低床車両が揃うことになります。
(5000形の中には車庫で長い間放置状態のものもありますが…)

1000形は来年度以降も旧型車置き換えのためにさらに導入が進んでいくものと思われます。


どれも性能的にも輸送量的にも国内屈指の能力を兼ね備えた車両のはずです。
そんな車両たちが表定速度わずか10km/hちょっとでノロノロ走っているのはまさに"宝の持ち腐れ"であり、非常に歯がゆく思っております。
市役所前や本通、土橋など、電停の改良工事は近年進み始めましたが、基本的にルートは戦後復興の時代から変わっていません。

しかしながら長年課題にされてきた広島駅と稲荷町の間の駅前大橋線建設が確定的になりました。
これを期にもっと根本的に120万都市に相応しい交通体系を実現できるよう、
間髪入れずに策を講じていってほしいです。
土橋から西観音町までの低速クランク区間や輸送力不足など、未だ解決されていない課題は多いです。

広島市は現在、今後の公共交通ネットワークの向上やサービスの充実を図るため都市機能向上対策特別委員会というものが設置されており、
その中で「公共交通体系づくりへのご意見」として私達市民の意見が募集されています。
【広島市 - 公共交通体系づくりについて】:公共交通体系づくりへのご意見

受け付けは道路交通局 都市交通部 新交通担当となっていて、今回のテーマとは微妙にずれるかもしれませんが意見を送って決して無駄にはならないでしょう。

(今後のスケジュールには"将来の交通需要などを踏まえ、アストラムラインの東西線・南北線の再検証を行います。"とありますね。)
 ―関連―
【西風新都線】西広島単線ルートで最大570億円。本当に必要なもの
アストラム"都心部延伸"で、空洞化食い止めを。



最後になりますが、これには広島電鉄だけではなく
自治体である広島市や法律を司る国(軌道法関連)、そして何より周辺・沿線住民の協力が欠かすことはできません。
税金を納める我々市民の理解も。
何を尊重し何を変えなければならないのか、今から広く市民・県民で考えておかなければなりませんね。


以下は同じ歩道橋からなんとなく撮ってみたものです。
やっぱりLEDになった5000形グリーンムーバーはかっこいい…

201311hiroden3-2.jpg


201311hiroden3-5.jpg


201311hiroden3-4.jpg


201311hiroden3-6.jpg
スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案(2014/01/13)


コメント

  1. たく | URL | 2NU31nKA

    シリーズ化を!『広電のLRT化に向けて』

    広電のLRT化に向けてを、ぜひシリーズ化して下さい。
    ちなみに中国ではLRTを4000kmに拡大するそうです。アメリカでも今年、数都市の開業が予定されているようです。

  2. tasshu | URL | mQop/nM.

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    上の方に同じく、ぜひ広電関係でシリーズ化して頂けると、様々な問題や意見が交わされるように思います。消してコメント欄が意見交流を目的とされているわけでないのは承知なのですが、これから広島駅前高架などで一気に注目を集める広電でしょうから盛り上がる話題だと思いますので。

    本題の方ですが、広島市内の場合は優先信号がうまく機能していないようです。電停が多いため、と聞いたこともありますが、正直電停統廃合と高効率の優先信号設置の両輪でないと効果はあまり望めないように思います。
    胡町は本当に近いですからね…

    広電はJR線と異なり、客の細かな乗降を可能にしているところにアドバンテージがあります。が、市内中にさらにその利点を極めた路線バスが存在しています。
    逆に広電において路線バスに対するアドバンテージといえば宮島線からの直通や輸送量の多さでしょう。
    であるのなら、幾つかの電停を統廃合しある程度の速達性を保つのは意味のあることと思います。
    まずは八丁堀胡町統廃合をその先駆けとしてもらいたいものです。

  3. カッツー | URL | -

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    鉄道に関するテレビ番組見見つけました!
    広島が見習わなければならない点が取り上げられています。
    「Dailymotion」と打って、サイト内で「未来世紀ジパング」と検索してみてください。そして「鉄道が世界を変える!」を見つけてください。

    広島は路面電車の運行・利用者数規模はでかくても、決して最先端ではない...。
    ある意味、広島市の持つポテンシャル、そしてこれからの成長を感じさせてくれる番組だったと思います。


  4. | URL | sSHoJftA

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    広電のチン電は観光用にはとてもいいと思いますが、ビジネス・通勤通学用としては今の状態ではちょっと厳しいものを感じます。郊外居住者は、あまりにも通勤通学に時間がかかりすぎて、ストレスをためています。
    芝生化とか電停の統合とかではなくもっと抜本的なことを本気で考えてもらいたいものです。
    広島市は、観光のことだけでなく市民生活のことを基底に据えて、しっかりした軌道系の交通体系を構築しないと、広島は衰退の一途をたどることは必至だと思います。現実に広島支店閉鎖が続出しているのではないでしょうか。原因は交通にあると思います。
    市長や議員さんは、自らの政治生命のことばかり執着せずに、市民生活第一を掲げて思い切った交通政策を決定してほしいものです。そのためには地元電鉄会社の意見だけではなく、広く広島市民の率直な声を聴くべきです。それが民主主義というものです。

  5. たく | URL | 2NU31nKA

    人口減少、超高齢社会など時代は変化しました。東日本大震災の復興に加えて東京オリンピックも控え、多くの公共事業は見込めません。消費税増税も不安材料です。路面電車の改良で済ませてほしいものです。

  6. MAKOTO | URL | -

    電停が多すぎます。同じ路線にバスも運行しているがバス停並に電停がある。昔広電は電停が近いのが自慢ですなどと言っていたが今では電停の多さがネックになっている。電停を半分にしてスピードアップしてもらいたい。現状は昔話しのチンチン電車。電停を減らしてスピードアップするのが現実的です。

  7. タミー | URL | -

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    ブログ更新お疲れ様です。

    改めて、電停の位置を確認すると、電車がなかなか進まない筈だと、本当にため息が出てしまいます。

    都心部分の交通の主力を路面電車が担い続けること自体に無理があり、いずれはなくなってしまう運命のものであると思い込み、今更改良しても仕方ないと放置し続けて半世紀が過ぎてしまっています。
    これからの新しい交通体系の構築を真剣に議論する事は必要不可欠だと思っていますが、それと平行して、緊急課題として今ある既存の施設を最大限生かしてより便利で快適なものへと改善する現実路線が求められます。
    これまでの放置を責めても虚しいだけなので、これから、どうすれば、現状より便利で快適なものとなるかを考えることが何よりも重要なことであり、ご提案の八丁堀・胡町の電停の統合および整備は悲惨な現状の改善への有効な手段の一つであると思い賛同致します。

    各商業施設への人の流れなど難しい問題が多いとは思いますが、現状の非合理的な交通体系は度が過ぎていると言わざるを得ません。

    一つ一つ改善していくしかないですね。

  8. シン | URL | yl2HcnkM

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    ①案がいいと思います
    様子を見るためにいったん
    ③にして八丁堀西にして
    みる手もあるかも
    80メートル電停があると
    5000、5100系が1編成
    1000系が2編成でもかなり
    余裕があります
    朝、広島駅に行く広島電鉄の電車も
    混んでいるので、ひとつ手前で
    降りる人も多いので、統合するなら
    電停は長くないと

  9. 呉人 | URL | -

    都心は商用車も沢山走ってるから車の締め出しという施策は広島経済にとって良いことにはならないでしょう
    莫大な金が掛かると思いますが、専用軌道を作ることしか解決策はないと考えます

  10. れっくす | URL | -

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    アストラムラインを己斐へ延長するよりももっと先にやることがあるはず。
    そう、広電の現状を改良することだ。

    まずは都心回帰をおろそかにして、広島市の発展はない。

    電停の見直しも然り、
    ルートの延長や付け替えもそろそろ本腰を入れて検討すべき。

    ・土橋~西観音町の平和大通り線のクランク解消
    ・凍結状態になっている、江波~江波三菱までの江波線延長
    ・宇品線の沿線の道路拡幅、または宇品線の新ルート策定

    アストラムラインを延長するよりもこちらに予算を回すべきだ。

  11. のこのこ | URL | -

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    広電を改良したところで効果は薄いと思う。
    やるんなら金をかけてでも専用軌道にしないと、
    路面電車ではとっくに限界超えてると思う。
    あと、雨が降ったら所要時間が5分~10分多くかかる乗り物は
    都市交通の基幹としては失格だろう。

  12. BW'S | URL | xfGWKbWo

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    シリーズ化を期待します。

    LRTと言われるようになる条件はいくつもあると思いますが、少なくとも表定速度が15km/hくらいは欲しいです。
    そのためには停車時間の短縮が必須で、電停の統廃合や優先信号と信用乗車が3点セットかなと思っています。

    ところが、いくら公共交通を100年以上担ってきたとはいえ広電は一民間企業。
    株主に対する利益を考える中では、巨大な投資やリスクは避けたいところです。

    少子高齢どころか人口減社会に突入する日本でもはや地域公共交通を一企業にゆだねるのには限界です。

    朝の通勤ラッシュ時に紙屋町西電停に入る電車が渋滞するため1つ手前の原爆ドーム前で「お急ぎの方はお降り下さい」とアナウンスされ大勢が下車していきます。
    文句ひとつ言わずに・・・。

    これが関西なら、大阪なら「そんなもんに金払えるか!」となります。
    ところが広島県気質なのか黙々と1電停手前で降りていくのです。

    声をあげない利用者と耳を貸さない事業者や行政。

    ぜひここで皆さんがコメントされているように問題点を挙げていただき、空気をかえてください。

    後出しじゃんけん的ですが、広電はすべてを広島市に渡し、経験豊富な運営事業者として運行に携わる。
    いわゆる上下分離方式を導入し、LRTの3点セットに対し行政の力で積極的に投資できる体制にしてほしいです。

    もちろん行政にすべてをゆだねるのではなく、広島地域の公共交通を一元管理する組織を事業者、行政、メディア、学者、そして利用者の集まりで作ってみてはどうでしょうか?

    ちょっと脱線しましたが、八丁堀・胡町電停の統廃合については広島駅からの胡町を廃止し八丁堀を長くする案は賛成です。広島駅方向は立町との関係もあってまだ考えがまとめきれません。


    今後の展開に期待します。

  13. たく | URL | 2NU31nKA

    上下分離方式と路面電車

    上下分離方式、とても望ましい形態かと思われます。『民間の独占』と言われることもなくなり、行政が積極的に公共交通計画を作成、実行が可能になります。わずかな利益のために四苦八苦する路面電車では情けない。速効性が高いのは赤字で倒産して電車事業を広島市が引き受けることです。現在のような黒字では、ズルズルと先伸ばしが確定的です。現に、高度成長期から先伸ばしをしてきました。マイナス思考でしか公共交通の改革が望めないのが悲しいです。市民が求めるのは便利な公共交通。経営主体は関係ないのです。

  14. 鐘梨 | URL | -

    あちらを立てればこちらが立たず

    どこかの記事でも既にコメントで書きましたが、
    単なる闇雲な電停の統廃合では「速達化」という本来の目的を見失ってしまうおそれがあるので、どちらかといえば現段階ので胡町電停廃止には反対です。
    統廃合のプロセスとしては、①優先信号導入②やっぱり胡町電停で足止めを食らう事が判明③胡町廃止へ、となるべきだと思います。
    個人的には行政との調整がゴタツク優先信号よりも先に「信用乗車および現金払い原則禁止」を民間広電の英断でお願いしたいと思います。

    話を戻して優先信号についてですが、これもなかなか面倒な話です。
    電車優先の信号ということは、電停~歩道間から見れば赤信号となるわけですから。
    特に、電車から降りた後で長時間大勢の人が狭い電停に強制的に待機させられるというのは危険です。
    こと八丁堀はターミナルとして長時間乗り換え待ちの方も居らっしゃるでしょうから、
    人にやさしい乗り物を自称するならば当然に「人にとって少しでも安全な乗り物」となることを願います。
    具体的には、長さだでけで面積を稼ぐのではなく、奥行きにもっと余裕を持たせべきかと思います。
    「普通のホーム」ならば車いすのすれ違いなんかで頭を悩ます必要もないんでしょうがね。
    奥行き確保となると、当然、車道が割りを食って渋滞の懸念も、あぁ、あちらを立てればこちらが立たず。

  15. C-42 | URL | -

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    広島駅前→胡町電停下車→流川通り→胡子通り→金座街→本通りという昔からの広島市街回遊の黄金的?な流れを考えれば、2案でしょう。
    1案にしてしまえば三越・天満屋ビル・胡子通りは人の流れが無くなり間違いなく寂れてしまいます。
    広島に長く住む者としては、発展を考えれば1案はちょっと受け入れがたいものがあります。
    何れにしろ、改良自体には賛成ですが地元を説得する必要があります。

    銀山町方面から胡町交差点を一気に超えられる優先信号設置(改良)があれば問題は無いでしょう。
    銀山町から信号に引っかからず来れるようにすれば信号1サイクル分早くなりますね。

    白島線側の電停は狭く雨の日は危険で、現状直通電車に乗ることができないため
    公衆トイレを撤去して岡山駅前電停のように中央部へ改良してしまうのがいいのではないでしょうか。
    道路の車線も確保できるので狭い交差点部分での渋滞も減ります。

  16. 牛蛙 | URL | 9qNSm.Qg

    ヒロシマ国の掟?!(朝日新聞)

    路面電車の電停、間隔が短すぎる?
    http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20140203350850001.html

  17. blk | URL | -

    Re:広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案

    やるなら2番でしょうね。1番では福屋前が完全に落ちてしまうので。
    信号については広電を優先しても良いと思います。
    バスも一部優先信号を持っているらしいですし。
    右折禁止も本線で可能なら増やしたらどうでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/932-50524f0a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。