permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

『駅前大橋線敷設予定地』 駅前通り松川町と比治山下を歩く。

2013年11月13日 01:06

「駅前大橋線」は広島電鉄路面電車の広島駅から稲荷町までの区間を、
現行の荒神橋を遠回りするルートから駅前大橋を経由するルートに変更し中心部までの時間短縮を図る計画です。

これまで広島駅の乗り入れ方法などを中心に南口広場ばかりに注目してきましたが、
今回は駅前大橋線に変更となる場合の新設予定地(特に稲荷町交差点以南)を歩いてきました。

位置図です。


より大きな地図で 駅前大橋線 を表示

駅前大橋南詰交差点から的場町方面に軌道が敷設できないことから、
比治山線は稲荷町交差点を南下し比治山下電停手前の「比治山町交差点」で現行の軌道に接続されるように移設されることになっています。


比治山町から広島駅へ向かって北上していくように見ていきます。
ここは移設される比治山線が既存の軌道に接続される箇所。

201311ekimaesen-4.jpg

南の方角を見ています。100mほど画像奥に進んだ所に比治山下電停があります。


今度は奥から逆方向となる北方面を見てみます。

201311ekimaesen-1.jpg

分かりづらくなって申し訳ありませんが、駅前大橋線ができればこれより向こうの線路は全て廃止となります。
新線はこの画像の左側から手前に向かって進む計画です。

交差点の対岸から新線の予定地方向を。

201311ekimaesen-2.jpg


201311ekimaesen-3.jpg

この通りは比較的最近に改良が行われており電柱も地中化されています。
車道は片側2車線で歩道との間には路肩に見えますが"原付専用道"が設けられており、
電車を通すとしてもスペースのみを見れば可能であるように思います。
もちろん原付道廃止の是非はまた別に議論・検討が必要です。
片側1車線にしてしまうことも十分考えられます。


先ほどの交差点から駅前通り(松川町交差点)に至るまでの中間にある交差点です。広島駅の方向を。

201311ekimaesen-5.jpg

廃止となる段原一丁目電停をカバーする意味でも、ここに電停を設けるということも今後検討されるかもしれません。


同じ交差点から比治山方向を見てみます。

201311ekimaesen-6.jpg

突き当りが最初に撮影した交差点ですね。
やはり軌道を敷設した上で片側2車線整備するのは難しそうです。


広島駅方面へ北上します。

201311ekimaesen-7.jpg

松川町の駅前通りまで出ました。ここまでくれば緑地帯のスペースがあるので車線は確保したまま軌道を通すことができると思います。
右奥が稲荷町交差点です。
駅前線とは関係ないですが、ここからの景色もザ・パークハウス広島駅前通りができることによってかなり変わりましたね。
何故だか札幌市を思い出しました。ドッシリとした建物がならび都会に見えます。


201311ekimaesen-8.jpg


201311ekimaesen-9.jpg



ここから先は時々取り上げている部分ですね。

201309parkhouse-1.jpg
(9月撮影)


写真は以上です。
駅前大橋線計画については広島市が廃止となる3電停の周辺住民と協議中で、
意見聴取会もこの夏にかけて行われました。
松井市長は決定時期はこだわらないとして今後も住民の理解を深めていく方針を打ち出しています。

駅前大橋線が整備されれば駅と中心部の間の所要時間が短縮されるのはもちろんのこと、
利用客にとって分かりやすい乗り換え導線を確保できます。
幅員が狭く危険な荒神橋周辺の渋滞の緩和も期待でき、まさに広島市にとってこの整備は喫緊の課題です。

当初今年度中に設計に着手する予定でしたがこれは極めて厳しいでしょうから、
来年度中にはなんとしても決着を図ることができるよう広島市にはお願いしたいものです。
丁寧で明瞭な説明・説得と、駅ビルを持つJR西日本との調整を期待します。
スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 『駅前大橋線敷設予定地』 駅前通り松川町と比治山下を歩く。(2013/11/13)


コメント

  1. たく | URL | 2NU31nKA

    駅前大橋線

    記事で触れられた札幌では、歩道沿いに路面電車の軌道を延ばす工事が始まってます。富山でも富山駅で軌道を南北につなぐ工事が始まっています。
    広島も負けてはいられません。

  2. | URL | -

    Re:『駅前大橋線敷設予定地』 駅前通り松川町と比治山下を歩く。

    やはり新設と移設の差が出てますね。
    長年あった路線を変える場合は、調整が困難な部分があるんでしょう。

  3. SSD | URL | -

    駅前大橋線が出来るのは賛成なんでが、オフィスを駅前に誘致するほうが早くないですか?

    大手町や平和大通りまで散らばったオフィスを駅前(京橋、二葉)に集約し、新幹線利用のビジネスに徹した方が、、
    個人的に京橋地区のポテンシャルをもっと活用出来るのではと。D、Eブロックとして再開発予定とかないんですかね?

    のんびり買い物、観光する方は広電で紙八、本通りへ。
    ホテル、マンションはバスで平和大通りへ。

    の様なエリアマネジメントが出来ればと思いますが、、

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. 鯉党α | URL | -

    Re:『駅前大橋線敷設予定地』 駅前通り松川町と比治山下を歩く。

    >たくさん
    そうなんですか!始点と終点を結んでループ化するようですね。知りませんでした。
    しかもサイドリザベーション軌道ということで広島も是非見習っていただきたいですね。


    >2さん
    とは言っても例えば在来線が無くなるのとはわけが違いますからね~。
    距離もわずかですし代替バスの運行まで検討されているのですからなんとかこのまま具体化されて欲しいものですが…。


    >SSDさん
    シンプルに考えればその通りですね。駅周辺の新都心化を加速させるためにも、広島駅周辺への投資と言うのは非常に重要ですが、
    やはりまだまだ紙屋町・八丁堀が広島経済の牽引役ですからどうしても駅と中心部のアクセス改善はやらなければならないと思います。
    長期的(30~50年)に見ればどうなるかは分かりませんね。


    >4さん
    ありがとうございます!また確認してきます。

  6. 鐘梨(※3.SSDさんへ) | URL | -

    ※3.SSDさんへ、市場の評価・要望は、どうなんでしょうか?

    ※3.SSDさんへ

    私としてもかつては広島駅へのオフィス集約が進むと考えていましたし、
    現在でもアストラムラインを国道二号線に何百億円もかけて引っ張って大手町オフィスの延命を図るくらいなら同じ金額を広島駅周辺再開発に突っ込んで新たなオフィス街を造る方がマジだとも考えていますが、
    そもそも、
    広島駅周辺のオフィス需要ってそんなに大きいんですかね?

     若草町オフィス及びBブロック西館オフィスの苦戦やCブロックがオフィス棟を断念した経緯を思えば、
    私は、あまり広島駅周辺においてそもそもオフィス需要そのものが大きくないのでは?と思うようになりました。
    東京はじめ新幹線で県外へ向かう場合は便利な広島駅エリアですが、
    自動車移動が中心となるであろう広島都市圏内での営業周りに重心を置くならば、
    道路事情(特に南北移動)がよろしくない広島駅周辺は、実のところ、
    相生通りや鯉城通りと比べてかなり不便な土地なのかもしれません。
    また、単純に役所へ行く場合でも紙屋町と比べると距離はありますよね。
    もし第二バスセンターが出来る場合は城南通りが今以上に混雑することも予想できますから、
    広島駅~合同庁舎・県庁のアクセスも難しくなるかもしれませんし、

    「エリアマネジメント」という思想は非常に重要ではありますが、
    正確・厳密にマーケティングを行わなければ難しいですよね。

    差し当たって、これを書きながら思い出しましたが、
    若草町開発完遂のために市が行った無利息の追加融資の数十億円は無事回収できたんですかね?

  7. タミー | URL | -

    出先企業がオフィスを構える場所を選定する場合、考慮すべき点は下記の4点が重要になると思われます。
    1.取引先企業へのアクセス
    2.自社本社とのアクセス
    3.各官公庁へのアクセス
    4.従業員の通勤状況

    広島の場合、他の支店経済都市とは異なり広島都市圏内での営業活動がより重要視されます。
    広域での営業活動の範囲については他の営業拠点との兼ね合いもあり、各社の事情によって範囲が大きく異なっていると思われます。
    広島にある主な国の出先機関が定めているエリアである中国地方で広島広域都市圏は最大です。最大である広島広域都市圏の市場がその規模においてエリア内で最大である事は当然ですが、業種によっては中国地方全体の市場規模に対して広島広域都市圏の市場規模の割合が低い場合もあり、常に全てにおいて広島を営業拠点とする必要性はありません。
    景気が低迷し、広島広域都市圏自体が市場としての魅力が低下すると真っ先に合理化の対象となってきた歴史があります。
    先ず1.の取引先企業とのアクセスですが、営利企業としての第一は仕事を獲得する事で、そして次にその顧客管理ですから広島の成長している地場企業の本社は殆ど山陽本線沿線にありそこから仕事を獲得する事が何よりも優先されます。獲得した取引先でのシェアアップに努める為に遠方から来るより有利な広島でオフィスの開設が必要となるわけです。そしてそこを拠点として可能な範囲での営業、管理が兼任となる場合が殆どで、広島の市街地を一歩離れると自動車での移動しか選択肢が無いケースが多く現状では非常に苦労されているようです。
    次に2.の自社本社とのアクセスですがが、大きな案件の決済など現場だけでは収まらない場合や緊急時などですが、本社が巨大都市であれば、新幹線・航空機で、逆に公共交通機関の未発達な地域であれば自動車となり大きく異なります。 第3.の許認可・裁判のなどの為、各官公庁へのアクセスは、旧市街地に集中しており現状での交通行政を見る限りでは大きな改善は期待出来そうもありません。
    第4.の通勤状況については話が長くなる為め割愛させて頂きます。
    個人的には、時間が勝負の今はベストよりベターを選定せざるを得ない状況下にあり、山陽本線沿線各社へと通勤に、アストラムラインで市街中心地へと通勤に、立体駐車場を完備すれば、祇園新道で広島インターチェンジへも便利な白島新駅も有力な候補の一つだと思っています。

  8. タミー | URL | -

    補足

    現時点での国内事情を考えると、震災復興、そして7年後に東京オリンピックを控えております。
    国内最大の輸出関連企業トヨタ自動車を擁する中京圏と首都東京とをリニア新幹線で直結して首都・中京メガロポリスの形成に動き出したと感じています。 東京オリンピックが落選した場合、景気回復の切り札として首都移転(那須辺りが困難となった為、岐阜が有力だと思っていました。)もありだと思っていましが、その芽はほぼ無くなったと思います。
    少なくともオリンピックまでの7年間国内では東日本に投資が集中する為、西日本が停滞する可能性が極めて大きいと思っています。
    地場企業による民間投資が盛んな広島では、この25日に二葉の里に移転するイズミをはじめ、海田市駅周辺に本社があるユアーズ、横川駅横が本社のフレスタは共に呉線、可部線の分岐点である山陽本線沿線に位置しており、新井口駅がある商工センターが本社の繊維問屋アスティの小売りであるフジをも含めて広域での店舗展開をしています。
    他でのコメントでも書いたように、商工センターから宇品にかけての食品加工企業がこれら食品スーパーなどの成長で販路拡大を図り成長しています。その他細かい例を上げれば、呉市のますやみそと西区の新庄みそとがそれらの食品スーパーなどでは県外においてでさえも、争うように多種多様の商品を並べて、全国ブランドを凌ぐ勢いで営業展開しています。
    イズミやエディオン、フタバ図書などは中国四国九州の西日本全域を本社・本店がある広島にて一括統括することにより高い利益率を確保しており、姫路市にあったイオンのマックスバリュー西日本の本社を広島に移転させるなど、広島が西日本における流通業の一大拠点へと発展しているようです。
    マツダのV字回復については他のコメントで書きましたので別欄参照でお願いします。
    広島でのオフィスと言うと全国ブランドで展開する企業ばかりに目が行きがちになりますが、かつて呉→広島→東京と本社を移転した五洋建設・増岡組のように、同じく呉市の大之木建設は現在広島市での拠点を横川駅周辺に、日本初のホームセンターのジュンテンドー(本社島根県益田市)は営業本部を府中町浜田に置いており、広島以外で比較的広島に近い地域からの更に広域展開する拠点への足掛かりとし広島にオフィスを構えるケースも多く、これから少なくとも7年は後者の企業の方が広島でのオフィスの需要の中心となる可能性が高いと思っています。

  9. タミー | URL | -

    訂正のお詫び

    ジュンテンドーさんの営業本部の所在地の訂正です。
    ×府中町浜田→○府中茂陰
    大変失礼致しました。

  10. らら | URL | vrGck016

    Re:『駅前大橋線敷設予定地』 駅前通り松川町と比治山下を歩く。

    駅前大橋線で稲荷町交差点の混雑が起き、表定速度が落ちるのではないかという不安が若干あります。
    なのでどうせならいっそ駅前大橋線をそのまま交差点へ伸ばし、交差点上で本線方面と比治山方面へと向かう立体交差の高架橋にしてしまえ、と思ったり笑
    本線方向にも高架を伸ばして立体化すれば表定速度も上がるのでは…と妄想します。まぁそうしたら稲荷町電停が高架橋上に設置せねばならなくなりますがね笑。

  11. yy | URL | q7XswXQk

    Re:『駅前大橋線敷設予定地』 駅前通り松川町と比治山下を歩く。

    現在、広島駅~紙屋町方面のバスは駅前大橋経由ですが、かつては電車と同じルートでした。駅前大橋経由に変更した際、一部系統(赤バス吉島線など)は、当面的場経由で残したそうです。電車も6号線のみ的場経由で残せないんですかね・・・・

    また、県庁前~八丁堀~広島駅~的場町~段原1丁目~東本浦~仁保・向洋新町洋光台という広電バス4号線があり、的場町~県庁前は電車と同じ150円となっています。段原1丁目や的場町の利用者には広電バス4号線を利用してもらい、稲荷町(バス)⇔稲荷町(電車)、八丁堀(東海銀行前)(バス)⇔胡町(電車)<東海銀行前バス停は仁保・向洋方面のみ停車>、八丁堀(朝日会館前)(バス)⇔立町(電車)で相互乗換えを認める方法もありかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/892-2ca06676
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。