permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.10 観音料金所など

2013年11月02日 00:14

11月に入りました。
今回はまだ10月中だった先週末に訪れた観音地区の南道路建設状況のレポです。
今週と先週は少し立てこんで忙しかったのであまり更新できませんでした。。

前回の観音地区レポートが今年の5月、アーチが架設されて間もない頃でした。
広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.05 2つのアーチが架設された太田川

当地区から東西両側の最近の様子も紹介しておきます。
広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・橋りょう編】 2013.08
広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・ランプ編】 2013.08

広島南道路(広島高速)建設工事 【江波地区】 2013.08


まずは三角州を南北に走る空港通りの様子を。

201310kousoku_kannon-11.jpg

奥が三菱重工・ヘリポートターミナルです。
かなり仕上がってきたなという印象を受けます。
防音壁や標識まで設置され、いよいよ完成が近づいてきたなと感じますね!


さて、まずはここから西側(画像では右側)の商工センター方面から眺めていきます。

201310kousoku_kannon-10.jpg

現広島ヘリポートの付近を通過するため高さが抑えられ、高架橋の構造がここで一旦終わります。


今度は道路の南側から。

201310kousoku_kannon-1.jpg

奥に小さく太田川のアーチが見えていますが、それに向かって平面一般道から高架部へ移るためのスロープが完全に見えるようになりました。
観音~商工センター間は高架部も無料で、この間を移動する車は必ずこの高架部分を通ることになります。(画像



太田川の護岸まで移動します。

201310kousoku_kannon-13.jpg


201310kousoku_kannon-15.jpg

やはり美しいです。コンクリート橋桁もほとんど繋がったか、最終的に接続される寸前のように見えました。
作業クレーンの数も減りましたね。
完成も待ち遠しいですが、クレーンや足場で囲まれた現場も、見ていて非常に興味深いものがあります。


繋がってきて改めて気づくのが、意外と勾配があるんだということです。

201310kousoku_kannon-14.jpg


201310kousoku_kannon-12.jpg

先程も書いた通りヘリポートとはいえ高さ制限を受けるので、この部分だけ低くなっています。



続いて、空港通りから東側江波方面に進んでいきます。

空港通り高架南側から。

201310kousoku_kannon-2.jpg


そして高架北側から。

201310kousoku_kannon-8.jpg


201310kousoku_kannon-9.jpg

これはこれはすごい迫力です。
見える範囲のほとんどが料金所と南道路の4車線区間なので、幅員が広く大きさを感じますね。
観音地区の平面部は高架の北側のみ暫定開通する予定です。
最後の画像の奥には江波地区へと接続する橋りょうの端が見えています。天満川橋というそうです。
この後また紹介します。


平面部ができる高架北側は民家が立ち並び近づけないので、南側から江波方面へ進んでいきます。
先ほどの写真でも少し写っていましたが、こちらが広島高速3号線の終点となる観音ランプ料金所です。

201310kousoku_kannon-3.jpg


振り返ると…

201310kousoku_kannon-7.jpg

最初にも書きましたが、これを見るといよいよだなと感じますね。


高速道路部は暫定2車線ですので、料金所の手前までは高架は半分しか施工されません。

201310kousoku_kannon-5.jpg


料金所部分は一気に幅員が広くなります。

201310kousoku_kannon-4.jpg



ここから天満川の護岸に最も近づいたのがこの辺り。

201310kousoku_kannon-6.jpg

まだ足場が残っている奥の橋が、南道路平面部の天満川橋です。
歩道も整備されるので付近の住民の方々にとっては行動範囲もかなり変わってくるのではないでしょうか。


今回はこれで以上です。
あっという間に10月も終わってしまいました。他の地区も完成までにまだまだできるだけ足を運んでいきたいです。
スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.10 観音料金所など(2013/11/02)


コメント

  1. bob | URL | YG9ONXHE

    Re:広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.10 観音料金所など

    レポートいつもご苦労様です。
    いよいよ完成間近ですね。来年の春にはここを通れるようになると思うと今から楽しみで仕方ありません。
    ここが完成すれば次は湾岸部は廿日市方面の延伸が楽しみですね。
    引き続きレポート頑張って下さい。

  2. タミー | URL | -

    Re:広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.10 観音料金所など

    レポートお疲れ様です。

    今朝の朝日新聞スポーツ面に「三菱重工広島34年ぶり白星」社会人野球 日本選手権と小見出しで扱っています。
    昨日も日本経済新聞17面にマツダの過去最高益への続報記事がありましたが、それと同じ紙面に「三菱重、純利益71%増」航空・宇宙部門が改善とし、ボーイングの大型機「777」や中型機「787」向けに主翼の出荷が増加、生産効率も高まった。とありました。「777」については国内での生産を広島製作所に集中する方針が発表されており、活気づいてきた印象を鮮明にした感じです。
    私は、幼少期に家庭の都合により三菱重工に勤務していた伯父宅(当時南観音)で過ごした時期があるのでやはり気になります。

    調べてみると1979年に都市対抗野球で優勝するなど強い時期もありましたが、一時期は会社から外されクラブ扱いとなっいましたが現在は企業扱いに戻っているそうです。

    南道路の開通は、三菱重工広島製作所へ特に西方面からは大変便利になると思います。
    自動車産業の部品協力企業が多い東部地区とも高速3で直結されるので航空産業への部品供給もかなり容易になると思います。(部品そのものの輸送は経費の掛からない従来の下道でもその交通量の緩和と緊急時や迂回路の確保は絶大)。最近、全国紙で、経済・スポーツ面に広島に関係した記事を頻繁に目にすることが出来、地方が活気づいていると強調しているように思います。
    全国紙が、何だか急に、広島を地方の優等生扱いにした記事を多く扱っており、その豹変ぶりに戸惑ってしまいます!?
    マスコミに踊らされないようにしっかりとした街づくりをお願いしたいと思っています。

    ※日経でのマツダの記事については、表より今年4~9月売上高1兆2543億円,営業利益739億円,世界販売台数63万1千台・14年3月予想売上高2兆6500億円,営業利益1600億円,世界販売台数133万1千台 通期想定レートが1ドル97円、10~3月は95円で1の円安が年25億円の増益要因になるマツダは最高益を更新する可能性もあるとのこと。(過去最高営業利益は08年3月期の1621億円)
    ※中国新聞ニュースでは純利益が300億円の上方修正で1000億円の予想だそうです。

    レポート頑張って下さい。楽しみにしています!

  3. kou | URL | -

    あと半年切りましたね。
    大部分が、暫定2車線なのはやはり残念ですね。

    吉島~出島の平面道路部・歩道と
    江波インターの見送り

    こちらは今回の開通後、
    早急に工事に取りかかっていただきたいですね。

    せっかく開通したのに、
    渋滞が発生してしまっては本末転倒です。

    そしてなによりも、
    今回の広島南道路の建設においては、

    宇品 出島 吉島(光南) 江波 観音

    において、多くの立ち退きが発生したことを
    忘れてはいけませんね。

    せっかく立ち退いたのに、
    中途半端な道路しか建設されなかったとなると、
    立ち退いた方にも失礼だし、
    周辺住民も渋滞になやまされたり、
    不便をしいられるなど、
    たくさんの方が迷惑します。

    早期フル開通を望みます。

  4. タミー | URL | -

    Re:広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.10 観音料金所など

    私も、早期に4車線化、さらには通行料金の引き下げも実現して頂きたいと思います。
    マツダのように東洋大橋などを自力で建設したなどというのは例外中の例外であり、産業道路としての色彩が強い南道路は、今後の地場産業の更なる育成の鍵を大きく握っていると思います。
    「結局、予算不足で」という言葉を今まで何度も何度も耳にタコが出来てしまう位聞かされました。 そうであるならば、どうすれば、その予算不足という問題を解決すること出来るのか?
    それは、広島都市圏に、より多くのカネが流れ込む仕組みをつくること以外にありません。
    つまり、地場産業を育成して、広島本社の経理に売上金が集まり、その売上金から人件費の支払いも勿論重要なことですが、仕入れ代金を地場企業に支払うということによりさらに、地場産業を育成出来るというプラスの連鎖を呼び起こすことが広島都市圏により多くカネを流し込めるための最も有効な方法だと思います。

    カネの臭いがする所により多くの人々が集まって来ることは、古今東西を問わず世の常です。

    そうすれば、人口減少どころか、アリが砂糖に群れるがごときの賑わいが生まれてきます。
    金の切れ目が縁の切れ目というもの世の常で、去って行った人々を怨むのは筋違いで、これから更なる地場産業の育成に力を注いでカネのニオイをプンプンさせて人々を惹き付けるべきだと思います。
    豊かな時代に育った現代の日本人にはその実感があまり湧かないのでしょうが、非日常生活を楽しむ施設の建設をするにもいきつく所はカネの問題です。

    広島により多くのカネを流し込むための仕組みづくりには高速3号の早期4車線化は必要かつ有効な投資だと思います。

    カネ、金といやらしい話しばかりで大変恐縮ですが何卒ご理解頂ければ幸いです。

  5. かっちゃん | URL | -

    Re:広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.10 観音料金所など

    まあ、暫定2車線というのも広島らしいといえばらしいですね。
    全国を見ても都市高速道路で2車線なんて他にないですからね。ある意味話題になるかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/878-ca7fe819
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。