permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

2013年07月24日 01:38

もうご存じの方も多いと思われますが、21日の中国新聞朝刊にJR西日本の真鍋精志社長の単独インタビュー記事が掲載されました。
この中で今後注目される広島駅ビルの建て替えについては、
”現時点で何も決まっていない。新線を敷設することが難しい現在、既にあるネットワークをどう繋ぐかが大切で、ビルの建て替えは次の段階だ。
この問題は10年くらいの時間が必要だろう。”

と述べました。

【中国新聞】:JR西日本の真鍋精志社長に聞く

20130721JRhiroshimaeki_chugoku-np.jpg
(2013年7月21日付 中国新聞朝刊紙面より)


hiroba-s_hiroshimaeki-2.jpg
高架案イメージ(広島市HP検討委員会資料より)


ここ最近の広島駅周辺の再開発が余りにも勢いがあっただけに10年という期間は少し残念ですね。
しかし冷静に見ればJRとしてはこれから広島への投資が集中しますし、駅前大橋線そのものの開業時期もはっきりと明らかになっていません。
現実的と言えば現実的でしょう。

"逆に"このことによって駅前大は戦線のスケジュールはどう影響するかというのは非常に気がかりです。
広島駅南口広場再整備に係る検討委員会では先月、
駅ビル敷地を活用した路面電車高架案
が最も望ましいという判断を下しました。
広電駅前線、検討委員会が高架案でとりまとめ!

JR西日本の前広島支社長の杉木氏は、
「既存のビルのまま壁をくりぬき、路面電車のターミナルを整備するのは強度面で対応できない」
という発言をしており、事実上駅前大橋線と駅ビル建て替えはセットとなっていました。
「10年」が完成まで含めて10年なのか、事業着手に10年なのかにもよりますが(おそらく後者か)
駅前大橋線の開業も伸びてしまう可能性も否定できませんね。

私は以前より、"少し時間はかかってもJR、市、広電が協力して、全てが一体的な結節点を造るべき"
と主張してきましたが、さすがに今後10年(+建設期間)駅前線が実現しないとなれば話は別です。

駅前線も先日の高架方針決定からようやく地元への説明が始まろうとしています。
駅ビルを全く考慮しないとすれば、まだ開業には5年程度はかかるでしょう。
もし路面電車だけ先行整備し、駅ビルの完成までは仮設ターミナルで対応するとなればそれでいいのですが、
それが物理的に可能かどうか…。

先ほど書いた通りJRとしては広島地区に対して、
新型車両と新保安システム導入、それに広島駅改良、白島駅新設、鉄道病院建て替えなどが立て込みます。
あまり「あれもこれも」とは言えないのが現状です。
駅前線の件は今後広島市の動向も含めて注目していきたいです。



"順序として、まず駅北側のビジョンがほしい"
これまで駅前線に関して書いてきましたが、この言葉のようにJR側としては
広島支社ビルのある北口二葉の里地区の整備を優先させたいようにも捉えることができますね。

201303futabanosato-1.jpg
JR西日本広島支社(二葉の里地区)

こんな発言もありました。
JR支社長、二葉の里地区の広島支社ビルは「建て替えが前提」


広島鉄道病院の建て替えを決定したのもそうした思惑があってのことだったのではないかと思えてきます。
二葉の里地区は先日、イケアを含む1~3街区の売却が決まりましたが、
以前区画整理中の4,5街区の売却先が決まるのはまだ1年ほど先になります。
ここももちろんですが、これらも含めた北口全体の方向性を広島市が示していくのも必要でしょうね。

北口はイケアの進出によりこれまでにあり得なかった二葉の里方面への新たな人の流れが生まれます。
それを取り込む形で5街区に新たな商業施設や文化施設が必要だと個人的には思います。もちろんオフィスも。


スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」(2013/07/24)


コメント

  1. あたる | URL | -

    広島へ投資されるこのチャンスに、急ぎすぎて使い勝手の悪いものが出来てしまうよりかは良いですが…。

    やはり少し残念な気持ちはあります…。

  2. たぬき | URL | -

    真鍋社長の別のインタビュー記事を見つけたので、リンク先を貼っておきます。

    http://www.weekly-economist.com/2013/07/09/経営者-編集長インタビュー-真鍋精志-jr西日本社長-2013年7月9日号/

    これを読むと、10年かかる、というのは何も広島に限った話ではなく、関西圏除く管轄地域全体の方針のようです。
    確かに、単なる駅ビルの建て替えに留めず、地場企業と連携して、街全体の活性化に貢献する、となると10年はかかるのかもしれません。
    ただそれはあくまで一般論であって、こと広島に限って言えば、JRの協力がほとんどない中で、駅周辺がこれだけ活性化している状況で、いったい今さら何呑気なこと言ってんだ、という思いを禁じえません。
    高邁な理想を掲げるのも大切ですが、やっぱり街は生き物なので、その時々の時流(勢い)に乗っかるのもそれ以上に重要だと思います。
    というわけで、真鍋社長宛のこの一言で最後は閉めさせて頂きます。
    「駅ビル建て替え、いつやるの?
    今でしょ!」

  3. | URL | -

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    >新型車両と新保安システム導入、それに広島駅改良、白島駅新設、鉄道病院建て
    >替えなどが立て込みます。
    >あまり「あれもこれも」とは言えないのが現状です。

    JRだっていくらでも金があるわけではないですからね
    支社ビルに駅ビルもすぐに建て替えろとは言えないですね
    計画があるだけでもよしとしないと

  4. たく | URL | 2NU31nKA

    やはり

    駅ビル建て替えは都心部とをつなぐ公共交通を考える上で欠かせぬものです。いち早く建て替えに取りかかってほしいものです。

  5. ただめ | URL | SYxqaaI2

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    更新お疲れ様です。
    真鍋社長のおっしゃっている事は確かにわかります。
    しかし、広島駅を「広島の玄関口」として見ると、
    地元民としてはやはり早い段階での建て替えを希望します。
    とりあえずは、進捗を見守っていきたいです。

  6. 東区民 | URL | -

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    駅ビル建て替え前提の広電広島駅のレイアウトがあったかと思うのですが、どうなるんでしょうか。。。

  7. スーパー | URL | -

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    いつも楽しみに拝観させていただいております。
    また現地までの撮影および更新ご苦労さまです。

    今回の駅ビルに関して言わせていただきます。

    いままで、広島駅色々な意味でタイミングを図っていた、いや待たされていたとういうのが正解でしょうか?

    その思いが強い分、いま風が吹いている状況の中で、官民一体となってこの風にのっていただきたいと思います。
    政令指定都市の中では、広島駅は最低の位置にあります、仙台とか見てみなさいと言いたいです。
    JR西日本は東と比べて、あか抜けず何か、考えが古臭いように思えます。
    JR東日本の駅構内の店舗はどれもニーズにマッチしており、利用客の需要とあっています。
    いいものは取り入れて公共交通機関のイニシアチブをとっていただきたいとおもいます。

  8. | URL | vrGck016

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    駅ビルもですけど、広島支社ビルの建て替えも期待したいところですね。
    同時に南北で竣工!なんてなったら面白いなと少し考えたりもします。

  9. けいた | URL | -

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    社長の北側のビジョンが欲しいっていう発言は、どういう事なんでしょうか・・・。

    北側はエリアマネジメントを立ち上げて戦術的には敷地単位での再開発自体は行われてるけど、その戦術が広島駅周辺を戦略的に行っているのかが疑問=ビジョンが見えないからビジョンを作り上げ、それを踏まえて支社・駅ビルの建て替えをしていきたいという意味なのか、ただ単にJRとして官民にビジョンを聞き、それを住民も含め今後の計画作りの参考にしていきたいと言う意味なんだろうか。

  10. タミー | URL | -

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    補助金目当ての負の連鎖だけは止めて欲しいです。
    個人における生活保護と最低賃金の逆転現象と同様のことが都市でも起こっており、生活保護都市からの脱却をしなければいつまでも負の連鎖が続きます。

    以前にも書きましたが、繊維問屋から発展したイズミ、フジに続き食品スーパーのフレスタ、ユアーズ等が広域に店舗を展開しはじめたのに伴い、地場食品加工業者が販路を拡大し成長しています。それは周辺の一次産業の活性化にも繋がっておりマイナスからプラスの連鎖へ移行しつつあります。
    郊外への店舗展開は自動車産業に直結しており(モータリゼーション)、自動車の部品製造が航空機産業を呼んでいます。
    また西日本各地でショッピングモール建設するのに伴い広島の専門店が入居するケースも散見されはじめています。広島軍団と呼ばれ警戒されている気配があり今後西日本の各地域と共存出来るような努力が一層必要となってくると思われます。地域における再開発は自力ですることが重要で、補助金目当ての発想は、動きはじめたプラスの連鎖へブレーキをかけてしまう危険性が高いと思っています。
    国のお役人とも、上手にお付き合いをする事は大切ですが、補助金はあくまでも補助であって主役は地域であり再開発は自力で成し遂げるという気構えでするべきです。

  11. むーばす | URL | -

    Re:JR西日本の真鍋社長「広島駅ビルの建て替えは、まだ時間が必要。」

    ジェイアール九州の駅ビル事業はとても積極的。
    それに比べてジェイアール西日本はあまり積極的
    とは言えないようです。
    広島駅はまず駅ナカ重視。駅ビルはそれから。
    本当は駅前広場の改造に合わせた建て替えが
    一番上手くいくと思っていたのですが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/797-16573702
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。