permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

中国新聞「変わる広島駅」と、毎日新聞「支局長からの手紙:広島駅について」の紹介

2013年02月27日 19:10

橋上駅化工事が進んでいるJR広島駅に関する非常に興味深い記事が地元中国新聞と毎日新聞に掲載されていたので紹介します。

まずは中国新聞の方から。
実は先日紹介したこちらの記事。
JR大阪駅駅ビル「ルクア」のノウハウが広島へ

上、中、下で3日間連載されましたが、ウェブには更新されなかったんですよね。。
3回分丸々取り込んだ画像として載せるのが少しはばかられる思いだったので<中>しかブログには載せませんでした。
コメントでぜひ上と下も紹介してほしいと頂いたので、批評・研究目的として紹介いたします。

【中国新聞】:変わる広島駅周辺 上 自由通路に期待感(2013/02/19朝刊)
20130219hiroshimaeki_chugoku-np.jpg


【中国新聞】:変わる広島駅周辺 中 百貨店級へ規模拡大(2013/02/20朝刊)
20130220hiroshimaeki_chugoku-np.jpg
(先日紹介したものです)


【中国新聞】:変わる広島駅周辺 下 大型店の集積進む(2013/02/21朝刊)
20130221hiroshimaeki_chugoku-np.jpg


やはりヤード跡地にカープの新球場が出来たことなしには、今の駅周辺の再開発は語れませんね。
年間160万人以上のお客を集めるマツダスタジアムは、駅周辺再開発の集客の大きな源の一つとなります。
来月には中四国で初めてのコストコ広島倉庫店がオープンしますから、さらなる相乗効果を期待したいですね。



続いて毎日新聞の方です。
こちらも上、中、下の3回にわたって広島駅に関する記事が組まれました。

【毎日新聞】:支局長からの手紙:広島駅について/上 /広島(2013/02/11地方版)

 この写真の建物をご存じでしょうか。北九州市にある小倉駅のターミナルビルです。建物を南側から見ると、まるで、モノレールがビルの中に吸い込まれていくようです。以前、出張で訪れた際、その近未来的な姿に驚き、用もないのにモノレールに乗車。駅ビルに到着する様を、その車内から見た記憶があります。そして何より印象に残ったのが、利用者の利便性を考えた駅のレイアウトでした。

 2階にJR在来線、4階に新幹線のホームがあり、北九州モノレールは4階に乗り入れます。駅南北を結ぶ連絡通路は3階部分を貫通。各路線の改札口はこの3階コンコースに集まっており、乗り換えにたいへん便利な構造となっているのです。今回なぜ、この駅ビルを紹介したかというと、近い将来、広島駅がこれと似た姿に生まれ変わる可能性が高くなってきたからです。

 今、広島市中心部の公共交通をめぐる焦点の一つは、紙屋町・八丁堀方面と広島駅南口を結ぶ広島電鉄の新線「駅前大橋線」がどのような形で広島駅に接続するのか、という点です。広電側は当初、「地下案」を支持していたはずですが、ご存じのように、社長が新年早々に交代。椋田昌夫・新社長は前社長の方針を転換し、「高架案」を推進する考えを示しました。高架案はJR西日本も支持しており、さらに、事業判断者である広島市の松井一実市長もつい先日、「高架案が有力」との見解を明らかにしました。ここにきて、「高架による広島駅乗り入れ」が現実味を帯びてきたのです。

 駅前大橋線は現在の稲荷町電停から駅前通りに入り、JRの線路に対しほぼ直角に入ってくる予定です。このコースを踏まえた上で高架案を採用するとなると−−。小倉駅ビルの写真のモノレールが広電の路面電車に変わる、そんなイメージになるわけです。

 しかし実現には、越えなければならない諸々のハードルがあります。島式ホーム1面2線のモノレールと違い、さまざまな路線・行き先を持つ広電では少なくとも4線程度が必要とされ、奥行きも確保しなければなりません。高架にした場合、そのスペースをどうするのか。また、既に工事が始まっているJR広島駅の改築工事はどうなるのか。駅ビル「アッセ」の将来は……。

 こうした疑問に答えてもらうため、先日、広電の椋田社長とJR西日本広島支社の杉木孝行支社長に直接お話を伺うことができました。その内容は、次回のこの欄で紹介することにしましょう。【広島支局長・亀井正明】


(紙面の方では北九州市の小倉駅の写真を混じえて紹介しているようです。
 小倉駅の様子についてはこちらを参考にして下さい。
  【他都市探訪】 北九州市(小倉駅中心)


 
【毎日新聞】:支局長からの手紙:広島駅について/中 /広島(2013/02/18地方版)

 広島市中心部とJR広島駅南口を結ぶ広島電鉄の新線「駅前大橋線」がどのような形で広島駅に乗り入れるのか。広島市、広電、JR西日本3者の共通認識として「高架案」が有力になってきた、ということを前回、この欄で紹介しました。では実際、鉄道事業者のトップはどのようにこの問題を考えているのでしょうか。先日、広電の椋田昌夫社長と、JR西日本の杉木孝行・広島支社長にお話を伺いました。まずは、広電・椋田社長のお話を紹介しましょう。

 広電では、越智秀信・前社長が技術的な問題や景観、交通渋滞などを理由に、地下で乗り入れる「地下案」を支持していました。しかし新年早々、トップが椋田社長に交代すると、一転して前社長の方針を撤回。高架案へ重心を移すようになります。この点を椋田社長に伺うと、「広電の理由で事業がまとまらないのは……」、「基本は行政主体で進める事業。それに最大限協力するのが本来の姿」などと慎重な言い回しを重ねられました。その口ぶりからは、何が何でも高架案というわけではないが、高架案でまとまるのなら同調して事業推進に協力したい、との意向のように受け取れました。

 実際、椋田社長は地下案についても強く否定するのではなく、「他の交通機関の邪魔をしないのがいい」と一定のメリットを認め、地下への乗り入れが、駅北口方面への延伸に可能性を残す案でもあることから、「(広島駅の)南北を結ぶ必要があるとすれば、(地下案の)メリットはある」とも述べました。しかし、他の関係者が地下案を支持していない現状を踏まえ、「広電(の主張)が事業を遅らせたと判断されるなら、企業としてのリスクを強く感じる」と説明。その懸念が、地下案撤回の大きな理由だったようです。

 JR広島駅では現在、2階部分を橋上駅舎とする事業が進められています。その状態で、広電のホームが地下になれば、利用者はJRから広電まで、今まで以上の移動を強いられることになります。椋田社長もこうした課題に触れ、高架案のメリットとして乗り継ぎの良さを強調されていました。

 確かに地下案にもメリットはあります。しかし、都市作りの中でのLRT(次世代型路面電車)のあるべき姿を考えると、他の交通機関との円滑な連絡は欠くことのできない要素です。そういう意味からも、「利便性」に反するような地下案はいかがなものか。私はそう考えますが、皆さんはどうでしょうか。次回は、JR西日本の杉木・広島支社長のお話を紹介します。【広島支局長・亀井正明】




【毎日新聞】:支局長からの手紙:広島駅について/下 /広島(2013/02/25地方版)

 JR広島駅南口の商業ビル「ASSE(アッセ)」の建て替え計画が浮上しています。広島電鉄の新線「駅前大橋線」が高架で広島駅に乗り入れる場合、「建て替えは不可避」との認識を、JR西日本の杉木孝行・広島支社長が示しているためです。南口B・Cブロックの再開発に加え、広電の高架、アッセの建て替え……。こうした事業が実現すると、北口の整備も含め、広島の玄関口・広島駅周辺は大きな変ぼうを遂げることになります。今回は、JR西・杉木支社長のお話を紹介しましょう。

 皆さんご存じの通り、JR広島駅では大規模な改修工事が行われています。地下にしかない南北を結ぶ通路を駅の2階部分に造り、そこを「橋上駅舎」として在来線や新幹線の改札口を設けるという大事業です。長さ約180メートル、幅約15メートルの自由通路の東側には広大な商業スペースも整備されます。

 この事業に関し、杉木支社長は「広島駅は2階が基本の動線となる」とし、「(広電とも)2階の自由通路との間をなるべく速やかに移動できれば」と、広電乗り入れについて改めて「高架案」を支持する考えを示しました。さらに、「最終的には広島市が決定するのが大前提で、あくまで鉄道を運営するものの意見」とした上で、「(広電のホームは)自由通路と同じ高さが望ましい」と言われました。しかし現状のアッセのままだと2階と3階の間がこの高さにあたり、円滑な連絡が困難となること。さらにビルの構造上、「一部だけ壊すのは難しく中途半端」なため、「建て替えか否かの二者択一」と説明されました。広電が高架になるなら、建て替えの可能性が一気に高まるわけです。



 そうなると、広島駅の工事との関連が気になります。現在の設計では、自由通路は駅の南側で降りて、1階部分でアッセの中を通り、駅前広場に出る計画です。この点について杉木支社長は「(アッセを建て替えても)対応できる設計にしている。自由通路をそのままの高さで(アッセまで)伸ばすように変えればいい」と説明されました。さらに、櫛形4線程度になるとみられる広電のホームに関しても「(駅前大橋から)まっすぐに入って、降りたらすっと(JRの)駅に来られるのが望ましい」と言います。アッセの新ビルを接点に、北からは自由通路、南からは広電が同じ高さで連絡するというイメージです。かなりの奥行きとスペースが必要となりますが、そうした点も考慮した新ビルになるかもしれません。

 広電の乗り入れ方法を含む広島駅南口の再整備については、今、広島市で検討が進んでいます。今後も注意深く見守っていきたいと思います。【広島支局長・亀井正明】


参考までに2月2日の毎日新聞にはこういった記事もありました。
JR西、広島支社が改めて駅ビル建て替えに言及!

改めて広電の椋田社長もJR西日本広島支社の杉木支社長も、駅前大橋線は高架乗り入れが望ましいという考えですね。
現在広島駅では建て替えをしない前提で橋上駅工事が進められているので、
(あくまでも)今のところは自由通路建設は1階に降ろされたあと駅ビルを通り、南口広場へとつながる構造が予定されています。

hiroshimaeki-jiyutsuro.jpg
(広島市:広島駅南口広場再整備に係る基本方針検討委員会 第1回資料3より)

支社長の言葉によると、自由通路をそのままの高さでアッセに伸ばすような対応出来る設計にしているとのことですが、
やはり自身で現状のままでは「円滑な運営が困難な上、構造上一部だけ壊すのは難しく中途半端」ともおっしゃっていますから是非とも建て替えの判断に踏み切っていただきたいものですね。
スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 中国新聞「変わる広島駅」と、毎日新聞「支局長からの手紙:広島駅について」の紹介(2013/02/27)


コメント

  1. きゆう | URL | -

    Re:中国新聞「変わる広島駅」と、毎日新聞「支局長からの手紙:広島駅について」の紹介

    更新お疲れ様です。

    いやー、読みたかった記事をこんなにもまとめて下さって大感謝です(^_^)
    個人的には 『中国新聞:変わる広島駅周辺 下』が興味深いですね。

    コストコの人気はやはり凄いようで、広い範囲から注目を集めることは間違いないでしょう。駐車場の有料化については3000円という数字だけが独り歩きして批判を食らっているようですが、オープン直後の大混雑を何とかしようという苦肉の策であり、ゴールデンウィーク以降は料金設定の変更もあるという話です。
    その点だけをあまり責めるべきではないと思いますが・・・(^_^;)

    あとは、広島駅と球場地区を結ぶ重要拠点であるCブロックの進捗が気がかりですね。何とか予定通りにいきますように・・・

  2. TOM | URL | -

    広島駅はまさに鉄道の経済界でも注目の的ですね!
    てか、Yahooのトップニュースに球場跡地が(笑)
    こちらも注目で嬉しいですね!
    http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/area_promotion/?1361972585

  3. カッツー | URL | -

    我らの広島のライバル都市(?)、仙台も駅の大改修を計画しているらしいですね。
    他都市の駅の建て替えや改修もいい参考になるので、
    広島駅の建て替えには頑張ってもらいたいです!
    http://saitoshika.blog119.fc2.com/?no=1772

  4. hiroshima city | URL | -

    Re:中国新聞「変わる広島駅」と、毎日新聞「支局長からの手紙:広島駅について」の紹介

    楽しみになってきましたね~
    関係ないですが広島高速5号が提訴されたみたいですよ。また厄介ですね~建設して欲しいものです。
    http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20130227ddlk34010568000c.html
    広島駅前に家電量販店ばっかりいらないと思いますね
    特にエディオンはいらないでしょう本店だけで十分だと思いますけどね、駅前ですからもっと若者が行けるような施設がほしいです

  5. むーばす | URL | -

    Re:中国新聞「変わる広島駅」と、毎日新聞「支局長からの手紙:広島駅について」の紹介

    鯉党αさん

    中国新聞の特集記事をご紹介いただき、誠にありがとうございました。
    わくわくする記事でしっかり読ませていただきました。
    中国新聞の電子版では特集記事がなかなか読めないため、これからも
    同様の特集が掲載されたら、出来ましたらご紹介いただけますと嬉しいです。

    中国新聞社さんには恐縮ですが、香川県立図書館で閲覧できた中国新聞が
    経費削減により数年前になくなったため、情報収集に苦慮しているところです。

    それにしてもカッツーさんのご紹介された仙台駅の計画を拝見すると、単なる
    駅ビルではなく、線路上の自由通路を挟む形で両側に二つのビルを建てるのですね。

    ちょうど東京の新宿南口のような感じでしょうか。真ん中に二層吹き抜けの屋根を
    持つ新自由通路ですので、全く商店街のアーケードが駅の線路上に出来るのと一緒
    ですね。
    当初は30階建てくらいの超高層駅ビル計画なども俎上にあがっていましたが、規模
    が縮小された現在の計画も充分すぎるすごさですね。

    私が仙台に最初に訪れた30年前くらいには、仙台駅東口は岡山駅西口のように何も
    なかった場所でしたが、その後、真ん中に道幅40メートルくらいの大通りが出来、
    急速に都市化していき、ヨドバシカメラや東北楽天球団の登場で人通りもかなり
    のものになったようです。

    広島駅はまだ北口の集積がこれからですので、どうしても南口中心にならざるをえ
    ないのは致し方ないところでしょうか。ぜひ新広島駅ビルと東郵便局、フタバ図書
    (イズミ)ビルの一体的な計画をお願いしたいと思います。

  6. デベロッパー | URL | -

    Re:中国新聞「変わる広島駅」と、毎日新聞「支局長からの手紙:広島駅について」の紹介

    広電の高架乗り入れ&新駅ビルの実現してほしいですね!
    フタバ図書のビルと東郵便局も一体化されると、とてつもないくらい
    広島駅エリアがにぎわってきますね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/662-432f16a8
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。