permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

2012年10月22日 23:41

今年度中の解体、そして来年度中の本体着工を目指す広島駅南口Cブロック再開発地区内でボーリング調査が行われていました。
確認したのはフタバ図書前の道路が枝分かれしている部分と、大州通り沿いの駐車場の一角の2箇所。
201210cblock-3.jpg

201210cblock-1.jpg

201210cblock-4.jpg


地区の掲示板にはこのような掲示もありました。
201210cblock-2.jpg
内容は概ね公表されている通り。



さて、記事にするのが遅くなりましたが当地区再開発事業で問題が起きています。
再開発事業者による地元住民への説明が不十分と異議を唱え、広島市に陳情書が提出されました。
「Cブロック再開発を考えなおす会」が立ち上げられ、説明責任を履行するまで計画の一時停止を求めています。
陳情書はこちら。
広島市議会:広島駅南口Cブロック第一種市街地再開発事業者における説明責任不履行に対して厳重な監督・指導を求めることについて(24年9月18日)

○土地所有者の減価償却資産となる再開発完了後建物について、
 事業者から管理費等の問題に対する説明が十分に行われていない。
○再開発事業者でなく広島市による「指導・監督」の立場を明確にすること。

簡潔に書けばこういうことでしょうか。
説明会を聞いてきたわけではないので立ち入ったことは言えませんが、
土地所有者の立場に立つと経年劣化による維持・管理は重要な課題になりますから、より具体的な説明を求めることは当然だと思います。

しかし "広島市が本事業の進むスピードが極めて速いという事実に起因" との主張ですが、
これは外から見ている限りでは、「時間はあった。もっと早い段階で指摘・解消できなかったのか」と思わざるを得ません。
再開発組合と総合企画者である森ビル都市企画が、事業推進の覚書を締結したのは2008年5月。
4年以上経っているのです。
他の都市を見ても、元々広島市が遅いだけでこれが早すぎるということは無いと思うのですがね。

■追記(2012/12/17)
頂いたコメントによりますと、Aブロックでは準備組合段階で行われていた権利調整部会が、Cブロックでは12月上旬の時点で一度も開かれていないそうです。
ここまで

権利変換計画提出を目前に暗雲が立ち込めました。
これからも注視していきたいです。
スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も(2012/10/22)


コメント

  1. ウレトルマン | URL | -

    Re: 地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    マジでええ加減にせ~よ!!
    これってなにがからんどるん?
    我が田のことだけで広島の発展を阻害しくさりやがって!!

  2. jk | URL | -

    Re: 地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    >1さん
    私も部外者ですが、何が絡んどるんかわからない部外者のあなたがなぜそんなに不快に思うのですか。
    権利者の多い区分所有建物が出来るときは大変な産みの苦しみがあるものですし、権利者の皆さんにとっては大切な資産ですから、そら
    必死でしょ?さらにいえば、分譲してハイおしまいのマンションなぞ
    高さがなんぼあろうが大して広島の発展に寄与しません。
    「これってなにがからんどるん?」いやいや、何もからんでいないと思いますがね。陰謀論者のようなことを言うのは子どもみたいですら、
    よしたほうが賢明ですよ。

  3. むーばす | URL | -

    Re: 地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    高松市の丸亀町商店街再開発も20年近く掛かってようやく半分が出来上がりました。
    確かに他都市と比べると、いろんな障害が複層して、計画の進行が伸びているきらいは
    あるかもしれませんが、ようやくここまで来たのですから、あと一息、じっと待ちたい
    と思います。jkさんの言われる通り、大都会の駅前に分譲マンションという計画はそれ
    自体、街並みを綺麗にすることはあっても、所詮、所有者のもの。これまでとは形を
    変えて、権利者が縦に連なる様なものです。戦後の混乱期からの流れを引き継ぐ駅前が
    綺麗になるだけでも、価値のあることと思わざるを得ませんね。

  4. R | URL | -

    考え直す会がどこまで考え直すのかが気になるところですね。
    頓挫させる事を目的としているなら駅の在り方を考えた方が良いと思います。
    商業の中心地へ広島駅そのものを移設するとか。
    少なくとも今のままの広島駅では玄関として魅力もへったくれも無い。
    不景気なんだからもっと思い切ってやれば良いんだと思いますよ。

  5. のーてんき | URL | kliS.J86

    Re: 地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    そもそも、いまごろボーリング調査?と思ったけど
    建物が残っているし、道路で調査するにもいろいろ大変だろうから
    いままでほったらかしだったのかな?
    ただ、地盤によっては、基礎工法が大きくかわるだろうから、
    工事費が大きくブレる可能性もあるし、
    建物の階数が変わったりもするかもしれませんな。

  6. 通りすがり | URL | 1p83WjR6

    説明会に出席したことある者ですが、確かに説明もわかりにくかったし問題だらけです。
    補償も話にならん額ですし、私が行った説明会では怒号が響いてました。着工も一年かそれ以上遅れるでしょう。
    あの説明会の印象が強いもんで、なんかまとめきれてないなぁとゆう感じです。下手くそとゆうかなんとゆうか・・・

    長々と失礼しました。

  7. 鯉党α | URL | -

    Re:地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    皆様、コメントありがとうございます。
    こういう危機にあること自体は確かに残念です。
    通りすがりさんのコメントは大変ショッキングなものではありますが…、将来新たな問題が噴出しないためにもしっかりと交渉をしていただいて、出来れば予定通り計画が進行して欲しいです。
    考え直す会の方々も、中止を求めているのではなくあくまで早期着手を求めているでしょうからね。

  8. 研究者 | URL | -

    時間があったと言われますが

    ちょっと気になったのでコメントを残します。

    時間があったとおっしゃっるのは分かりますが、森ビルが締結したからといって「それが地元に公表されているか」とはイコールにはならないんですよ。

    広島Cブロックのスピードが速い…というのは、その通りだと思います。都市計画決定からのスピードは異常です。これは西日本だと広島と徳島があたるわけですが、共通項は県から市に権限委譲されたこと。

    あと、地元の権利者に取材していますが、準備組合段階でやるべき説明が全くなされていません。Aブロックでは準備組合段階でやっていた権利調整部会を、Cでは一回もおこなっていないんですよ。

    これは本当に酷いことになってます。


  9. 鯉党α | URL | -

    Re:地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    >研究者さん
    ありがとうございます。
    なるほど。調整部会が開かれてないということでやはり現状は説明不足なのですね。
    訂正いたします。
    地権者に取材をされた、とのことですがあれから何か進展はございませんでしょうか?

  10. 研究者 | URL | mQop/nM.

    Re:地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    鯉党αさん

    ずいぶんお返しが遅くなって失礼しました。

    新年の中国新聞では、Bと一緒にCも進むといった記事と、Cの「借家」の方のコメントがのっていましたね。しかし、地権者と組合事務局の対話ですが、、、私の知る限り、ここまで説明がなされていないとは思っていませんでした。

    事務局、つまり事業者側の言い分は「説明した」ということになっていますが、再開発後も商売を続けたい人にとって、必要な説明がほとんどなされていません。例えば共益費、管理費など必要経費を含めたシミュレーションがありますよね。これはAだと、平成5年の本組合設立以前、昭和60年代の準備組合時代の「権利調整部会」でなされているんですが、Cではこうした説明がないんです。準備組合段階ですませておかねばならないことをせずに本組合…これは恐ろしいことです。

    あと、このボーリング調査。衝突の原因は、事務局が借家人への説明会で「温泉をほっている」と公言したことが原因のようです。(※この時点では調査段階なので、温泉掘削にお金を使ってはいけない)これは地元から疑問の声が上がるはずです。

    さらにBですが、「地権者の土地を書き換えていた」事件が発覚しましたね。広島県の土地収用委員会からアクションがあったようです。土地が勝手に書き換えられ、広島市がそれを見逃していた…とすれば大問題になるでしょう。BとCの事業者、かぶっていますしね。

    最近、福山における再開発(+区画整理)事例を調査していましたが、広島駅前も酷いです。商売を続けたい人にとっては地獄のような状況だと思います。


  11. 鯉党α | URL | -

    Re:地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も

    >研究者さん
    申し訳ありません。もうこのページを見ていないかもしれませんが大変遅くなってしまいました。

    まだ道のりは厳しそうですね。事業者が「説明した」と言っても、権利調整部会も開かれていないそうですしこれは住民側に部がありそうですね。
    加えてボーリング調査に書き換え問題と、不安要素がかなり多いです。スケジュール通り進むよう行政からも事業者に指導をしていただきたいです。
    ちなみに再開発後も商売を続けたいというお店(地権者)はどのくらいあるのでしょうか?またどういったお店が手を挙げているのでしょうか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/554-0181fbc3
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。