permanent-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

駅北口、地域医療拠点へ

2010年11月26日 19:32

広島県医師会は2014年度の駅北口二葉の里地区へ開業が予定されている「(仮称)高精度放射線治療センター」と同じ建物に、
医師の人材募集などの窓口を担う「(仮称)県地域医療総合支援センター」を建設する構想を明らかにしました。

―以下引用―
 広島県医師会は2014年度をめどに、医師の人材募集の窓口機能などを担う「県地域医療総合支援センター」(仮称)を建設する。県の地域医療再生計画の一環。構想によると、広島市東区二葉の里再開発地区に5階建てビルを建設。県地域医療推進機構の事務室や医療相談室、ホールなどを設ける。

 医師会の案では、「高精度放射線治療センター」(仮称)との合築で建築費を節減。延べ床面積1万500平方メートルのうち2?5階計7400平方メートルを主に利用する。県医師会事務室も入る。

 同じく県の再生計画で整備する放射線治療センターは1、2階を利用。県医師会の試算では、合築により支援センターの総事業費約36億円のうち3億円を軽減できるという。県医師会が23億1800万円を負担。国の地域医療再生基金1億8200万円のほか、県と広島市の負担計8億円を見込む。

 県医師会は来年3月までに具体計画を詰める。碓井静照会長は「交通の便のよい広島駅近くに地域医療の拠点ができる。支援センターを核に、県医師会が地域医療のリーダーシップを発揮したい」と話している。

中国新聞 2010/11/26
二葉の里に地域医療拠点


中心駅の目の前にこのような医療拠点ができるというのは珍しいのではないでしょうか。
放射線治療の拠点とも合わさり広島の医療の中心的存在になりそうですね。

それから先日、同二葉の里地区についてこのようなニュースもありました。
区画整理事業が1月にも着工

今年度中の着工予定でしたから、おおむね順調に進んでいるようですね。
本当にようやくこの土地も再開発(区画整理)が始まるわけですね。
とりあえず現時点で具体的に決定しているのがこの地域医療総合支援センターですが、
他にどんなものが来るか、いやこれだけ広いとどんな街になるのか非常に楽しみです。
バスセンターは何があってもほしいですね。
スポンサーサイト




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 駅北口、地域医療拠点へ(2010/11/26)


コメント

  1. FN | URL | -

    Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    中心駅の傍に地方の医療拠点ができるというのは良いことですね。広域バスセンターも実現すれば広島の拠点性が強まり新たな活気が生まれるかもしれません(*^_^*)

  2. デベロッパー | URL | -

    Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    医師会は積極的に動きましたね。現在の鉄道病院はどうなるのでしょうか。
    作り直して、隣に建設するのでしょうか。
    それとやはり一番気になるのはA地区ですよね。
    バスセンターは必要と思いますが、どうも距離的にあるような気がします。
    今のバス乗り場の位置に機能的に作り直した方が。
    もしくはアルパークみたいなの動く歩道を作ってA地区へ。ペデは決まってますが。
    どちらにせよ、楽しみになってきました。

  3. taka | URL | -

    Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    広島駅北口二葉の里地区の再開発もいよいよ動きだしました。
    広島県医師会速報にて、計画の詳細がありました。
    http://www.hiroshima.med.or.jp/kenisikai/sokuhou/2010/1115/2101_001.pdf
    高精度放射線治療センターは、広大、県病院、市民病院、日赤病院の連携で、放射線治療の外来治療を行っていく予定だそうです。
    鉄道病院の立替も今後進んでいくのではないでしょうか。

  4. HIROTO | URL | -

    Re: Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    >FNさん
    北口が広島の新たな拠点になる可能性を大いに秘めていますよね。
    活気ある街になってほしいです。

  5. HIROTO | URL | -

    Re: Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    >デベロッパーさん
    そういえば整備推進委員会に鉄道病院は入ってないんですね。
    どうなるんでしょう。僕も気になります。。

    確かに乗り換えを考えると少し距離ができてしまいますね。階段の上り下りがない分気分的にはそこまで辛くはないと思うのですが。
    北口広場(今のバス乗り場)の活用も期待したいところです。楽しみですね。

  6. HIROTO | URL | -

    Re: Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    >takaさん
    ありがとうございます。かなり詳しく書いてありますね。
    鉄道病院がどうなるのか気になりますね。
    建てなおすことなく鉄道病院も高精度放射線治療センターの運営に何らかの形でかかわっていくのでは?と思っています。

  7. | URL | -

    Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    北口の高速バスセンターを造るなら、ぜひ併設して観光・貸切バスの駐車場兼待合い室、団体食事スペース、土産物売場なども一緒に造ってほしいと思います。私は今年、四国から5月のフレンドシップデーに団体バスで訪れた時の、貸切バス待機場は北口の駐車場でした。ここからJRで岩国まで向かいました。
    街中にスペースがない以上、ここで時間調整などの処理をしなくては、きっと貸切事業者は困ることでしょう。しかし逆に考えると、県外や県内から観光シーズンにはそれだけ多くの人が、ここ北口を利用することにもなり、施設のコンセプト次第では、十分に集客施設として存在感が出るはずです。広い敷地がある北口、観光都市の玄関口としてぜひご一考を願えたら幸いです。

  8. HIROTO | URL | -

    Re: Re: 駅北口、地域医療拠点へ

    コメントありがとうございます。
    本当におっしゃる通りですね。
    現状で敷地の一部が観光バスの停車場(駐車場)として使われていますが、
    いつも修学旅行のバスなどが結構止まってるんですよね。
    これをうまく捌け、快適に過ごせる待機場は観光地として絶対に必要ですね。
    そういったニーズも掘り起こすものにしてほしいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/tb.php/220-684d0c3b
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。