date-area

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事

球場の命名権更新。今後も「マツダスタジアム」に

2013年08月30日 23:41

stadium-gate.jpg


広島市は2014年3月で期限の切れる広島市民球場のネーミングライツ(命名権)に関して、
期間終了後5年間もマツダに売却することを決めました。

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
この名称は2019年3月末まで引き継がれることになります。

【中国新聞】:球場命名権 マツダに売却 (以下転載)

 広島市は30日、市民球場(南区)の来年4月から5年間の命名権を、現在の命名権を持っているマツダに売却すると発表した。愛称も「MAZDA Zoom―Zoom スタジアム広島」(略称マツダスタジアム)を引き続き使う。

 命名権料は年2億2千万円、5年総額11億円。新たな契約期間は2014年4月1日から19年3月31日までとなる。マツダは、球場来場者が100万人を達成するたびに実施している、社会福祉団体への福祉車両の贈呈など社会貢献活動も続ける。市とマツダは10月上旬に、次期の契約を交わす。

 市は今回の公募から、命名権取得者が、契約期間満了時に市と契約更新を協議できる優先交渉権を設けた。マツダが更新を希望した上で今回の「年2億2千万円、5年契約」を基準とする交渉が成立すれば、19年4月以降もマツダが命名権を持つことになる。

 市民球場は、広島東洋カープの本拠地として09年3月に完成した。市は維持修繕費を賄うために命名権制度を導入。08年10月の初公募時は2社が応じ、年3億円を示したマツダが14年3月末までの権利を取得した。契約期間満了に伴う今回の公募には、マツダ1社が応じていた。

 (ここまで)

これはホッとしました。コロコロ名称が変わるのは好ましくないですからね。
開業時はイズミとマツダが応募しましたが、今回の期間満了に伴う公募にはマツダ1社のみだったようですね。
「だよな」と思う反面、県立総合体育館(グリーンアリーナ)のように公募しても入札する企業がないような所もあることを考えると、ありがたいと思わなければなりませんね。
年間2億円以上球場のために資金を提供するマツダと、それだけ大きな影響力を持つ広島カープ。
できればこのまま3期目も4期目もずっと名称はこのままになってくれるよう願いたいです。


それにしても新球場完成から来春でもう5年ですか。早いですね…(^_^;)



「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

スポンサーサイト
関連記事
  • 球場の命名権更新。今後も「マツダスタジアム」に(2013/08/30)

7月の広島高速道路交通量、初めて6万台/日超え!今後は…

2013年08月30日 00:34

201209kousoku_dejima-5.jpg



のーてんきさんに教えていただきました。ありがとうございます。
現在、1号線・2号線・3号線の一部・4号線が開通している広島高速道路ですが、
2013年7月中の一日あたりの平均交通台数が
初めて6万台を超えたことが公表される資料により分かりました。

【広島高速道路公社】:通行台数の推移(日平均)


ついでですのでこちらのページに有る過去のデータをざっくりとグラフにまとめてみました。

201307kousoku_daisuu.png

※補足しておきますと平成22年(2010年)4月に広島高速2号線(間所~仁保)、3号線の一部(宇品~吉島)が新たに開通しています。


こうしてみると毎年正月や夏休みお盆シーズンなどを挟みアップダウンはありますが、年々ベースが上がっていることがはっきりと分かりますね。
最新の7月の台数が60,373台と初めて一日6万台の大台を突破!
例年通りなら8月はさらにこれを超えてきそうです。

そしてグラフを見ても顕著なのが先ほど補足した高速2号・3号線の開通後飛躍的に台数が伸びていることですね。
来春には、昨日もレポートを載せました広島高速3号線と広島市整備の無料区間(吉島~西部)が開通します。
来年度の交通量はますます増えていくことはまず間違いないでしょう。

広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・橋りょう編】 2013.08
広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・ランプ編】 2013.08

【広島市】:広島南道路の整備について(平成25年度末の整備形態)

kousoku_seibi-gaiyou.jpg
(上記広島市ホームページより)




さて、この広島南道路の開通に関連して先日西側でこのような動きがありました。
商工センター新八幡川橋付近が4車線化へ。南道路海田高架の検討も

臨港道路廿日市草津線の新八幡川橋東詰からはつかいち大橋の手前まで約1.6kmの4車線化が2016年度までに行われるというもの。
これに関してTwitterにてnewtennma(新天馬)さんに詳しい資料を教えていただいたのでここで紹介しておきます。

【広島県】:臨港道路廿日市草津線整備事業

rinkou-hatsukaichi.jpg
廿日市草津線4車線化 工事概要パンフレット (PDFファイル)(1020KB)より)

前回これについて書いた時、恥ずかしながらはつかいち大橋以西は全て暫定2車線の状態なのかと思っていました。
橋を超えればもう4車線だったのですね。

ということでこの4車線化Ⅰ期(新八幡川橋東詰交差点~廿日市大橋東詰交差点)が済めば、
流通団地内で残す暫定2車線区間ははつかいち大橋のみということになります。
現段階でその頃の状況が何を最優先にすべきかということは分かりませんが、できるだけ早期に4車線化をお願いしたいですね。



もう一点、これは南道路にはあまり関係ありませんが、広島高速4号線の沼田ランプの山陽道接続問題です。
こちらも最近になって実現へ向けた動きが検討され始めました。
高速4号線と山陽自動車道の直結を(ようやく)検討へ!

様々なコメントをいただきました。その上で改めて考えてみると、私は広島JCT接続が一番しっくり来るかなと思っています。
路線形、建設用地の面で五日市ICより優れていますし、細かいロスが多い県北・山陰地方(=広島自動車道利用者)からも円滑に利用できます。
岩国方面からは廿日市で降りて西広島バイパスや、今後広島南道路も整備されていきますしね。



hiroshima-jct-image.jpg

前回のコメントでbobさんが作成された広島ジャンクション接続イメージです。
(すみません…勝手に使わせていただきました。いつもありがとうございます。)

比較用に現状の様子を。


大きな地図で見る



当該区に民家はほとんどなく用地買収もそこまで難しそうではありませんし、
比較的どの方面からもスムーズに接続できそうに思います。このような感じで一体のジャンクションになれば付け足す出入口も最小限で済み、理想的ですね。

この区間は上下線共に片側3車線確保されていますので、分岐の新設・改変自体は比較的し易そうに思います。
県と市は先月から公社や国と検討に入っているとのことで、今後の早期整備を願いたいところですね。



色々詰め込んで長くなりましたが以上です。



「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 7月の広島高速道路交通量、初めて6万台/日超え!今後は…(2013/08/30)

広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・ランプ編】 2013.08

2013年08月28日 23:06

今回は写真の枚数を絞りきれなかったのでアーチが架設された橋りょう部と、西側の西部ランプ部分とを分けてレポートしております。

広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・橋りょう編】 2013.08

↑こちらで太田川橋りょうを取り上げましたので、この記事では底から西側の
「広島南道路・西部ランプ」の様子を詳しく見ていきます。


まずは道路の南側から。

201308kousoku_seibu1-14.jpg

画像奥が先ほど更新した太田川橋りょうです。
高架に沿って画像手前、西側に進んでいきます。

201308kousoku_seibu1-12.jpg

ここから先はほとんど足場が無くなりました。スッキリしたコンクリート橋桁が続きます。


さらに進むとこのような光景に。

201308kousoku_seibu1-13.jpg

一番手前の傾斜が宇品方面からひとまずの終点となるOFFランプ。
"本線"部分が今後廿日市に向けてまだまだ伸びるよ、ということを感じさせてくれますね。
この部分はまた後の方でも触れていきます。



場所を移りまして、道路の北側です。
1枚目の画像の辺り、太田川に近い部分から西へ移動していきます。

201308kousoku_seibu1-15.jpg

これは迫力ありますね~。PC箱桁だと思いますが、面が全て丸みを帯びているんです。
迫力があるんだけどそこまで荒々しくない。個人的にこういった感じのものは好みです。


護岸で桁の真下を見たときは大きく上り線と下り線が分割されたような見た目になっていましたが、ここまで来ると①宇品方面へのONランプ、②廿日市方面(予定)からの本線、③廿日市方面(予定)への本線、④宇品方面からのOFFランプ
の4本に細かく橋桁が分かれていきます。
もちろん広島南道路高架部がいつ廿日市IC(もしくは途中まででも)まで開通するかは全くの未定ではありますが。

201308kousoku_seibu1-16.jpg


こちらは先ほど南側から見ていた辺りです。

201308kousoku_seibu1-17.jpg


もう少し西へ進んで、ONランプの始点です。

201308kousoku_seibu1-19.jpg

ランプ部の施工は河崎組が行います。(橋梁部は清水建設)
まさしく建設中という感じで奥では多くのクレーンが並んでいるのが印象的ですね。


地上部も前回からは変化し、このように本格的に整備が始まっています。

201308kousoku_seibu1-18.jpg



さらに西へ。全体を見てみます。

201308kousoku_seibu1-20.jpg

初めてここへ来たときはまだランプの橋脚を建てている途中だったと思いますが、そこから比べると本当に完成に近づいてきたことを実感します。

広島市が整備するこの部分(観音から西部まで)は最初から完成4車線で整備されますが、
本線の幅員が少し狭いように感じます。(感じるだけだと思います)
スロープの幅員が広いのでしょうか。


それだけこの広島南道路が市の東西輸送で大きな役割を担うことが期待されているということですね。
改めて考えても広島の物流の拠点・商工センターから宇品、大州、そして山陽道まで繋がるのはかなり大きな影響を与えそうです。

実際、開通を前にして南道路平面部の新八幡川橋の4車線化が事業化するという動きもありました。
(新たな情報を頂きましたので、近日また記事にします。)


今回のレポは以上です。
広島高速3号線と建設中の南道路は今年度末の完成予定。来年度早々にも開通が見込まれます。
非常に楽しみですね。



「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・ランプ編】 2013.08(2013/08/28)

広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・橋りょう編】 2013.08

2013年08月28日 21:54

広島南道路・西部ランプ付近を見に行ってきました。
話題になった巨大アーチの架設工事のレポ以来ですので、約4ヶ月空いてしまいました。
↓その時の記事
広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区】 2013.05 巨大アーチ架設!

今回は写真の枚数を絞りきれなかったのでアーチが架設された橋りょう部と、西側の西部ランプ部分とを分けてレポートしていきます。

西部地区(商工センター)の対岸となる観音地区の最新の様子はこちらです。
広島南道路(広島高速)建設工事 【観音地区】 2013.05 2つのアーチが架設された太田川


ということでまずは東側観音地区とを結ぶ太田川橋りょうをピックアップしていきます。

庚午橋西詰南下していきます。

201308kousoku_seibu1-1.jpg

1級河川の太田川放水路に綺麗に2連アーチが取り付けられていますね。
こうしてみるとアーチの高さは意外と低いなと感じます。


少し近づきます。

201308kousoku_seibu1-2.jpg

アーチ端部の橋脚のアップです。繋がるにはまだ少し至りませんが橋脚から橋桁がかなり長く張り出してますね。
よく見てみると既にアーチ部からの吊材で桁が支えられていることが分かります!
道路としてはもちろんまだまだですが、構造物としてはこのアーチは機能し始めました。


201308kousoku_seibu1-3.jpg


反対側から。

201308kousoku_seibu1-11.jpg



近づきまして橋梁部全体です。

201308kousoku_seibu1-6.jpg

この南道路にかぎらず、建設中であるからこそのこの壮大さ、無骨さにとても惹かれます。


対岸に目を移すと、仁保まで続く高架が見えます。

201308kousoku_seibu1-4.jpg


201308kousoku_seibu1-5.jpg

広島ヘリポート(旧広島西飛行場)の高さ制限を受けるため、この部分の高さがグッと抑えられているのがはっきり分かりますね。
傾斜で落ち込んだ底の辺りは旧西飛行場の滑走路だった場所です。
まだ東京便があった頃からすれば信じられない光景かもしれませんね。


後半は橋の南側(河口側)からの画像がメインになります。
アーチ仮設の時も全景を撮った場所から。

201308kousoku_seibu1-10.jpg

完成してクレーン等が取り払われればかなり青空に映える橋になると思いますね。
車で通行するのもさぞ気持が良いことでしょう。


近くからです。

201308kousoku_seibu1-8.jpg

前回や前々回の記事をご覧いただければ分かりますが、それまでこの部分に橋と並行するように設けられていたクレーン用の桟橋が撤去されました。(画像

撤去に伴い堤防の外側の歩行者通行止めが解除され、橋桁の真下まで行くことができるようになりました。
見上げるとびっくり!

201308kousoku_seibu1-7.jpg


201308kousoku_seibu1-9.jpg


201308kousoku_seibu1-21.jpg

上り線と下り線の間にこのような面白い試みがなされています。
アーチも含めたデザイン公募で採用されたもので当初からイメージは明らかにはなっていましたが、

【広島市】:最優秀案(株式会社エイト日本技術開発広島支店の作品)(191KB)(jpg イメージ)
広島南道路太田川放水路橋りょうデザインの募集


実際近くで見てみると少しだけ感動しますね。ここは桁部分が広島高速部分とは違いコンクリート製なのでこういった遊び心も入れやすいのですね。
しかもここには歩道が建設されることになっています。
平面部ができるまでの暫定利用ではありますが、河口側(画像右側)からU字型の橋脚の間を通りこちらの岸壁まで繋がるような構造です。
歩く人にとっても解放感を感じる空間となりそうですね。


この辺で西部地区・橋りょう編は以上です。
まだまだ目に見える工事が続く西部地区は目が離せませんね。

ランプ編ではこの護岸から西側のスロープ部分を紹介していきます。



広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・ランプ編】 2013.08



「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • 広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区・橋りょう編】 2013.08(2013/08/28)

Cブロック出店計画書が提出。平面図などが公開!

2013年08月26日 20:56

Nishikuさん、hiroさんに教えていただきました。ありがとうございます。

201308cblock-image.jpg
完成予想図広島市ホームページより)


広島駅南口Cブロック再開発組合は12日、広島市に出店計画書を提出し、ホームページでも公開されました。

【広島市】:出店計画書の提出状況 (一番下です。)


cblock-heimen-1.jpg
1階平面図



cblock-heimen-2.jpg
2階平面図


cblock-heimen-3.jpg
3階平面図

建物配置図(地下1階~9階)より)


こちらもいよいよ出店計画書が提出されました。詳細な建物配置図が公に公開されるのは初めてでしょうかね。
1~3階までの平面図を掲載してみました。
他のフロアの平面図もPDFの方に載っていますのでそちらでご覧ください。

さて、図面では店舗は保留床・権利床(・共有床)関係なく表示されていますが、例えば1階なら左側の商業棟の黒い細い線で囲まれた部分のみがエディオンが取得する保留床となります。
それ以外は地権者らで取得される区域。広島市のページで見たほうが分かりやすいです。
【広島市】:広島駅南口Cブロック市街地再開発事業

この配置図で商業棟の2階部分が吹き抜けとなっていますが、これは以前書いたように階高を調整する目的で実際は1階の天井が少し高くなる位のものです。
3階平面図で描かれるフロアが見た目上の2階とイメージしたほうが分かりやすいと思います。
住宅棟のそばの駐輪場は中2階ののような状態で設けられ、その下部にある店舗に愛友市場を再現したお店が並ぶことになります。
その新愛友市場(仮)からタワー1階の東側の市道に面する部分まで続く店舗エリアはちょっとした空間も設けられていますので完成後どのようになるのか楽しみなところですね。
若草町のタワー住宅棟のようにクリニックばかりでは少し物足らないです…(小声)


それから3階(配置図上)の北側には将来のマツダスタジアムまでの歩行者デッキもしっかり確認できますね。
未定ではありますが広島駅ビルと接続するための点線もあります。
住宅棟の東側はマンション住民のためのエントランスですが大きくセットバックして豊かな緑と空間を設けることになっています。
ここに階段が設置されるのは初めて気が付きました。
公開空地としてどのような空間になるのか今から楽しみです。


また何か気づいたものがあったら書き加えてみたいと思います。
権利変換計画が認可され、出店計画書も提出完了。手続き的には着工の準備はかなり整いました。
広島駅前が生まれ変わるのが楽しみですね。

こちらが事業化したので今後は先程も触れた駅からマツダスタジアムまでのペデストリアンデッキ。
こちらも早期に計画を進めていただきたいものですね。


【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Cブロック地区市街地再開発事業



「広島ブログ」に参加しました!
クリックにて応援をよろしくお願いします(^_^)
広島ブログ

関連記事
  • Cブロック出店計画書が提出。平面図などが公開!(2013/08/26)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。